『ゆるく、つながる、たすけあう』オンラインサロンcommewインタビュー

 

こんにちは、きたろです。

 

先日、フリーランス向け案件紹介サービス『FollowMe』を株式会社エイプリルナイツにてリリースいたしました。

 

フリーランス向けサービスを立ち上げたことで「フリーランスのためのオンラインサロン『commew』」とご縁ができました。

そこでフリーランス向けサービスの先輩となる『commew』について、commew代表・フリーランス業界でインフルエンサーの”むちょこ”こと吉岡綾さんとcommew広報の方、他メンバー2人を交え、commewについて様々な角度からお話をうかがいました。

 

本日の取材者プロフィール


◆むちょこ(吉岡綾・ラシュリエ/commew代表)

ラシュリエLLP・commew代表

群馬県出身、フリーランスエンジニア(100%リモートワーク)歴11年

エンジニアになった理由:プログラミングが面白かったから

中学生くらいからHTMLを触り、その流れでJava・phpと言語に触れていった。

現在はphpエンジニアとして、様々なクライアントから案件を受注。フルリモートで働きながらプログラミング教室の先生、LLPやオンラインサロンの運営に携わる。

好きなこと:ボードゲーム(今はまっているのはアズールや人狼狂)

 


◆やまだえり(commew広報)

commew広報担当

新潟県出身 デザイナー 歴5年

デザイナーになった理由:昔からクソコラを作るのが好きで、それが高じてデザイナーに。

子供がいるので在宅で出来るデザインの仕事を手がけています。

好きなこと:クソコラとゲーム(FF14)

 


◆AMI(commew参加メンバー)

青森県出身 デザイナー歴 6ヶ月

UI/UXデザイナーになった理由:最初はエンジニアになりたかった。
HTMLやCSSを勉強しながらやっていたが、デザインの楽しさに気づいた

好きなこと:食べること!りんごはあんまり好きじゃない。

 


◆だいすけ(commew参加メンバー)

千葉県出身 エンジニア歴 14年(フリーランスエンジニア 歴1年)

エンジニアになった理由:もともと理数系が得意で、高専に進学した。将来はエンジニアになるだろうと思っていた

フリーランスとして稼働:もともと組み込みエンジニアだったが、在宅での仕事もしてみたかった。

commewではスタッフとして運営のお手伝いをしています。

好きなこと:ダンス(エンジニア向けのダンスのイベントも開催している。)

 

 

  

オンラインサロンとは

 

概要

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。

作家、実業家、アスリート、ブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人、又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。

また、アーティスト・アイドル、モデル、テレビタレント・アスリートのファンクラブとして活用される例もある。

(Wiki引用)

 

オンラインサロンはカリスマ性のある主宰者とコミュニケーションできるもの、というイメージがあります。

ですが、commewが掲げているキャッチコピーは「ゆるく、つながる、たすけあう」



      



どうやら既存のオンラインサロンとはちょっと違った雰囲気のコミュニティのようです。

その実態をcommewの方々にうかがってみましょう!

 



commewについて

きたろcommewはどんなオンラインサロンなんですか?


むちょこweb系フリーランスが集まるオンラインサロンです。


やまだえり内訳はエンジニアが5割、残りがデザイナーやクリエイター、初学者の方で構成されています。


 

 


きたろ設立した経緯を教えて下さい!


むちょこ設立は2018年の5月です。
私はcommewの代表ですが、人付き合いが少し苦手なんです。
ですのでコミュニティの代表を務めるなんて本来ならば避ける傾向にあるんです。
エンジニアとしても稼働していく上でリモートのお仕事が増え、今ではフルリモートの仕事ができるようになりました。私としては、今の環境が自分にあっているように感じます。
知り合いやツイッターのフォロワーさんから「フルリモートだと寂しくないですか?」と質問されたり、「フリーランスだと孤独感を感じる」と発信している方を見かけたりしたんですね。私からすれば天国なのにすごく不思議に思ったんです。
そこで、せっかく不思議に感じたのなら何かやってみようと思って居場所になれるオンラインサロンを作ろうと思いました。



マル知る!コミュニティを設営、運営して何かわかったことはありますか?


 

 

むちょこ

正直まだわからないです笑
でも、何が正解かわからない中での運営は難しいですが、とても楽しく感じていますし
誰かの居場所として成り立っているのなら作ってよかったなと思います。

 

マル知る!commewにはどんなコンセプトがありますか?


むちょこ『ゆるく、つながる、たすけあう』コンセプトになっています。 


ゆるく、つながる

 


やまだえり

繋がりが硬くないことが特徴です。commewのコミュニケーションは基本slackベースで行なっています。
slackでの関わり合いの中でそれぞれがゆるい繋がりを保てていて、。週一でビデオチャットツールを使用してイベントを開催することがあります。中には発言はせずともROM専として参加してくださる方もいて、多種多様な関わり方でコミュニティを活用してくださっています。


やまだえり2019年12月はアドベントカレンダーを作成しました。

 

 


1日ごとにcommew参加者が作った制作物がわかるというもの。
毎日日替わりで見るワクワク感は大人になっても変わりません。

 

 

やまだえりイベントや制作物なんですけど、参加しても参加しなくてもいいんです。


きたろサロンの活性化のためには参加者を増やしていく方がいいのかなとも思うのですが…。



むちょこ

それこそ『ゆるく、つながる、たすけあう』なんですよね。

いざという時とか本当に必要な時に支えになれる場所があればいいと思っていて、それが強制になったりだとか嫌な気持ちになるコミュニティにしたくないって気持ちが強いです。

なので基本的にはやりたい人でやろうよ!とか、有志で楽しいことや勉強になることを企画してくれる人に乗りたい人だけ乗っかる感じがcommewの特徴ですね。




マル知る!

本当にゆるく繋がることに重きを置いたオンラインサロンなんですね!

参加する人、やめていく人はどんな方なんでしょうか?


 

やまだえりそちらのだいすけさんも一度commewを辞めてからもう一度入ってくれたんですよね。

 

だいすけそうなんです!

 

きたろ一度退会した理由と、参加し直した理由を教えていただけますか?

 

だいすけ

はい。
退会した理由は、僕はプログラミングとダンスの情熱を注ぐ時間に偏りがあって、ちょうどダンスに振り切っていた時期に現状とコミュニティのギャップを感じて辞めました。


だいすけただ、それからフリーランスエンジニアとして再燃するにあたり、孤独感みたいなものがふつふつと自分の中で膨らんできて。振り返るとcommewの空気感は、とても居心地のいい居場所だなと思ったんですよね。今後必ず助けになる時が来ると思って参加し直しました笑



きたろ辞める時とか、入り直す時って気まずくないですか?

 


だいすけ僕はあまり感じませんでしたね。というより、
もしかしたら他の人も思わないと思いますよ!



マル知る!コミュニティの運営の仕方に秘訣があるのでしょうか?



 

むちょこうーん。答えになるかわからないですが、commewのスタンスは来るもの拒まず去る者追わずみたいな感じなんですよね。あくまでゆるく関わり合いたいと思っているので、誰かが辞める時も「いってらっしゃい」という感じですし、だいすけさんのように戻って来てくれた人は「お帰りなさい」っていう感じです。


やまだえり良いか悪いかは別として、commewはそういう人の集まりであることは確かです。 




だいすけ そうですね。commewだけじゃなくて他のオンラインサロン、ましてや仕事仲間とか友人とか様々なコミュニティの中には色んな価値観とか距離感とかの人がいるじゃないですか。人と少し変わっているだけで浮いちゃったり、仲間外れになったり。


だいすけでもcommewはネガティブも含めて”その人”と思えるコミュニティなんですよね。それぞれが居心地のいい距離感で入れるからこそストレスに感じることも少なくて、他人に優しくなれる世界だなと思います。


きたろ本当にすごいですね。
IT業界に関わらず、commewのような価値観やコミュニティ運営の仕方は参考になると思います。

 



 

commewは『ゆるく、つながる、たすけあう』をコンセプトに
お互いに尊重して関わり合える優しい世界を持っているコミュニティということがわかりました。

 

 


たすけあう

 

きたろ本日はcommewの参加者お二人にもお話を伺うことができるので、
率直な思いなどをお伺いできればと思っております。


マル知る!お二人はcommewの存在をどこで知ったのでしょうか?

 



AMI 私はもともとリモートで働きたいなと思っていて、関連するものをツイッターで検索するうちにラシュリエLLPの存在を知りました。
HPには『自殺者0の世界を作る』と書いてあって、とても感銘を受けたのを覚えています。
そこからcommewへと結びつき、すぐに参加しました。

 

名前僕も吉岡さんのツイッターを見ていて、そこからcommewの存在を知ったという感じです。
リモートで働きたいという想いもあり、親和性が高そうだなと思っていました。




きたろIT業界において、SNSは情報収集ツール+新たな発見やきっかけに繋がりますよね!



AMI

私はもともとカスタマーサポートとして働いていたのですが、
職場や業務に対してあまり満足感を得られないでいました。

commewには、WEB系のフリーランスエンジニアの方が多いのかなという風に感じていたのですが、
実際にはそんなことはなく様々な業種や仕事をしている人に巡り会えました。



AMI

commew内の活動をしていくうちに、運よく声をかけていただいた方にキャリアの再スタートができるきっかけを頂きました。
今では自分が今後歩むキャリアについて深く考えることが出来ています。

私の中では人生を変えるきっかけになったのがcommewです




マル知る!そんな素晴らしい出会いがあったんですね!
オンラインサロン独特の色々な人が集まるが故のメリットですよね…




やまだえりもっと深堀りさせていただきたい!!!

 


 

全員:笑笑






やまだえり commewはAMIさんの言った通り、色んな人の集まりなんです。
代表や運営メンバーはリモートで働くフリーランスですが、何も現役フリーランスのためだけのコミュニティではないんです




やまだえり将来フリーランスになって働きたいと思っている社会人の方や学生の方、web業界での繋がりが欲しい方、副業を探している方など大きくwebという枠組みの中で興味や関心がある方達の集まりなので、フリーランスじゃないからと言って参加資格がないわけではありません。




やまだえりまた、エンジニアのみならずデザイナーやクリエイターも在籍していますし、経営者や税理士など様々な相談に対してみんなで解決できるようなコミュニティになっています。





自己紹介、助け合い

避けては通れないフリーランスの宿命も助け合って解決しています。



きたろなるほど!様々な人がいるからこそ”たすけあう”ことが出来るんですね!
フリーランスエンジニア全押しのオンラインサロンをよく拝見しますが、少し色合いが違うように感じます。

 



むちょこそうですね。逆にいうとcommewでは他のオンラインサロンのようにガツガツとした関わり合いをしないので、もっと刺激が欲しいですとか、人脈をどんどん広げたいという尖った方には合わない可能性があります。 




マル知る!なるほど、今のお話でcommewが優しい世界というお話の根底が見えたような気がします。


だいすけcommewのslack内のチャンネルも様々なものがあって、
主に運営メンバーがチャンネルの管理をしてくれています。

 



だいすけ特に”おはようチャンネル”とかが珍しいかな?

 



きたろ弊社エイプリルナイツも社内ツールはslackを利用しているのですが、
”おはようチャンネル”は見たこと無いです。

 



だいすけ挨拶って職場の人以外と中々することないじゃないですか。それがもう一つのcommewという繋がりの中でできるのって幸せなことだと思うし、挨拶一つで安心できるものだなって思うんですよね。 


やまだえりチャンネルの作成は試行錯誤しながらわざと随時入れ替えを行なっています。理由は多くの人が参加できるものを作りたいと思ったからです。

偏ったチャンネルだけだと、中々話に入ってこれない人もいるかな…と。

”おはようチャンネル”はそう言った意味で、「何となく誰でも参加しやすくていいかな」という想いで作成しましたね。



きたろリモートで誰とも会わないけど、挨拶があるって何となく不思議な感じがしますね。

 


AMIちなみに夜はおやすみって言います!





 

ゲームの話


マル知る!ちなみに、みなさんゲームはやりますか?

 

むちょこ
やまだえり好きですよ!!


AMI
だいすけ最近はあんまり…

 


やまだえり昔、commewにもゲーム部みたいなものがあったんですが、今はなくなってしまいました。



きたろそうなんですね。
実は、弊社は社員の9割がゲーマーで、毎週2日社長・新入社員も関係なく
一緒にゲームをする文化があるんですよ。


むちょこそれは面白いですね。
今はゲーム部自体は無くなってしまったのですが、commew内でも同じゲームが好きな人がそれぞれで一緒にやっていたりしますよ。
私自身もすごくゲームが好きですし。

 



きたろ

エンジニアやデザイナーとゲームの親和性がすごく高く、
一つのコミュニケーションになると思っています。

1ゲーマーとしてcommewでもゲーム部が復活してくれれば嬉しいです!



きたろということで、皆さんで一緒にゲームをしませんか???





弊社に常備してある各種ゲームからコンシューマーゲームや人狼ゲームなどを行いました。

全てのゲームで吉岡さんが一位を獲得していました。


だいすけボスは強い。



 

commewに参加して欲しい人

 



きたろ

代表の吉岡さんに質問です。

ズバリ、どんな人にcommewに参加して欲しいですか?




むちょこ

そうですね。正直commewの雰囲気に合えばどなたでもウェルカムです!

仕事やプライベートなどに疲れてしまったと感じている人が参加してくれて、commewを家のような一つの居場所として使ってくれたらいいなと思っています。



むちょこcommewでは困ったことや質問したい事ができた時、ふと寂しさを感じた時にいつでも話してくれる人がいます。 

 


むちょこ『ゆるく、つながる、たすけあう』優しい人たちが集まったコミュニティにしていきたいです。

 

 

最後に

 

今回はオンラインサロン”commew”をメインに代表の吉岡さんや参加メンバーをお招きし、実際のcommewの関わり合いについてお話しすることが出来ました。

 

一番に感じたことは、4名の方々がそれぞれの形で”commewの事が大好き”と思っているという事です。

所属している集団のことを正直に好きと言えるのは、それだけしっかりとした運営・優しい人たちが集まっている裏付けになると思っています。

 

オンラインサロンと聞いて思い浮かべる先鋭的なイメージと違い、それぞれがそれぞれに寄り添えるコミュニティである「commew」。『ゆるく、つながる、たすけあう』をコンセプトに、参加者それぞれの”もう一つの居場所”を目指しています。


  • フリーランスで寂しさを感じる方
  • フリーランスとして働きたい方
  • 心が疲れてしまった方
  • commewに興味や関心を持たれた方


少しでも当てはまる方は是非参加してみてください!


 

サイトURLはこちら

https://commew.net/

 


代表むちょこさんツイッターアカウントはこちら

https://twitter.com/aya_lachelier?s=20




 

▲フリーランスエンジニア向け常駐案件紹介サービス『FollowMe』
https://freelance.ak-follow.me/




▲社会人向けゲームコミュニケーションツール『cogme』
https://cogme.jp/


この記事を書いたライターは?

きたろ

フリーランスが自由な働き方を実現するエージェント型案件紹介サービス『Follow Me』広報担当。

あなたにおすすめの記事